‘CMS’ タグのついている投稿

EC CUBE新着情報の日付のフォーマットを変更する

2009 年 3 月 5 日 木曜日

デフォルト:9999年12月31日
<dt><!–{$arrNews[data].news_date_disp|date_format:”%Y&#24180;%m&#26376;%d&#26085;”}–></dt>

変更したい形式:9999.12.31
<dt><!–{$arrNews[data].news_date_disp|date_format:”%Y.%m.%.”}–></dt>

このエントリーを含むはてなブックマーク

CORESERVERにZen Cartをインストールする【編集方法】

2009 年 2 月 28 日 土曜日

PHPセーフモード等のエラーが警告される場合の対処方法
・CORESERVERにZen Cartをインストールする場合は以下のファイルを編集

.htaccess
AddHandler application/x-httpd-php5cgi .php
php_flag session.use_trans_sid off
php_flag register_globals off

deny from all

※zen cartの古いversionではphp4cgiにする必要がある

php.ini
register_globals = off
display_errors = off
safe_mode = off
ini_set(‘session.use_trans_sid’, false);

.htaccessはインストールフォルダ直下、php.iniはインストールフォルダ直下、/admin/直下、/zc_install/直下に配置

このエントリーを含むはてなブックマーク

ZenCartインストール後にパーミッションを変更しても警告文が消えない【configure.php:セキュリティ上危険なので、このファイルに正しいユーザー権限を設定して下さい。】

2009 年 2 月 28 日 土曜日

ZenCartでインストール後に表示されるヘッダーの警告文でzencart *****/configure.php. セキュリティ上危険なので、このファイルに正しいユーザー権限を設定して下さい。がパーミッションを変更しても消えない。

※パーミッションは事前に変更した上で以下のphpファイルを編集
includes/init_includes/init_header.phpの24行目

define(‘WARN_CONFIG_WRITEABLE’, ‘true’);

define(‘WARN_CONFIG_WRITEABLE’, ‘fales’);

このエントリーを含むはてなブックマーク

Zen Cartの動的URLを静的URLに変更する

2009 年 2 月 28 日 土曜日

.htaccessのmod_rewriteを使って静的アクセスを可能にする方法

.htaccessに以下を記載
RewriteEngine on
RewriteBase /
RewriteRule ^(.*).html /index.php?main_page=product_info&products_id=$1 [L]

これでhttp://addressname.net/1.htmlのような形でアクセスが可能になる。
※通常の動的URLでもアクセス可能

このエントリーを含むはてなブックマーク

Movable Typeサーバー移転後の再構築でPermission deniedが出る問題を解決する方法

2009 年 2 月 19 日 木曜日

MTをインストールしDBをインポートしたのにも関わらず『ディレクトリ/virtual/****の作成に失敗しました: mkdir /virtual/****: Permission denied』が出る問題。

MTのversionによてはディレクトリ/virtual/****の作成に失敗しました: mkdir /virtual/****: Permission denied at lib/MT/FileMgr/Local.pm line 107と出現。

これは、DBに残っているサイトパスに問題がある場合がある。
MTのサイトパスはFTP上で見えるサイトパスからではなく、virtual/***のようにrootに近いところからのパスを指定している。

十中八九の確率で以下の操作でOK。
設定→全般→公開のサイトパスを書き換えれば再構築可能。

このエントリーを含むはてなブックマーク

CORESERVERでEC CUBEを運用する時に解除すべきセーフモードのディレクトリ

2009 年 1 月 2 日 金曜日

CORESERVERでEC CUBEを運用するとセーフモードでエラーが続出する。
反面、セーフモードを解除すると今度はmagic_quotes_gpcの値がonになって、ヘッダー等を編集すると\(円マーク)が付与されて正しく運用できない。(しかも倍々に増えていく)。

セーフモードを解除する適用箇所
/public_html/domain/admin/design

他にもあったが、ひとまずメモ。

このエントリーを含むはてなブックマーク