EC CUBEにパンくずナビを設置する


このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをLivedoor Clipに追加

ソースそのものを以下のサイトを参考

www.gnnk.net
web book movie
[EC-CUBE]パンくずリスト

バージョンが古いのか、上記サイトの指示に従ってソースを埋めても動作しなかったので、以下覚書。
なお、以下の行数はEC CUBE version 2.3.4

/data/class_extends/helper_extends/SC_Helper_DB_Ex.php
37行目に以下を追加

function sfGetTopicPath($category_id){
// 商品が属するカテゴリIDを縦に取得
$objQuery = new SC_Query();
$arrCatID = $this->sfGetParents($objQuery, “dtb_category”, “parent_category_id”, “category_id”, $category_id);
$TopicPath = ” > “;

// カテゴリー名称を取得する
foreach($arrCatID as $key => $val){
$sql = “SELECT category_name FROM dtb_category WHERE category_id = ?”;
$arrVal = array($val);
$CatName = $objQuery->getOne($sql,$arrVal);
if( $val != $category_id){
$TopicPath .= ‘<a href=”./list.php?category_id=’ .$val . ‘”>’ . $CatName . ‘</a> > ‘;
}else{
$TopicPath .= $CatName;
}
}

return $TopicPath;
}
function sfGetTopicPath2($category_id){
// 商品が属するカテゴリIDを縦に取得
$objQuery = new SC_Query();
$arrCatID = $this->sfGetParents($objQuery, “dtb_category”, “parent_category_id”, “category_id”, $category_id);
$TopicPath = ” > “;

// カテゴリー名称を取得する
foreach($arrCatID as $key => $val){
$sql = “SELECT category_name FROM dtb_category WHERE category_id = ?”;
$arrVal = array($val);
$CatName = $objQuery->getOne($sql,$arrVal);
$TopicPath .= ‘<a href=”./list.php?category_id=’ .$val . ‘”>’ . $CatName . ‘</a> > ‘;
}
return $TopicPath;
}

これは指定通りに、{}の中に埋め込む。

/data/class/pages/products/LC_Page_Products_List.php
107行目に以下を追加
$TopicPath = $objDb->sfGetTopicPath($arrCategory_id[0]);
$this->tpl_topicpath = $TopicPath;

こちらは107行目ではなく113行目

/data/class/pages/products/LC_Page_Products_Detail.php
211行目に以下を追加

$arrTopicPath = $objDb->sfGetTopicPath2($arrCategory_id[0]);
$this->tpl_topicpath = $arrTopicPath;

これは211行目ではなく231行目

/data/Smarty/templates/default/site_main.tpl
37行目に以下を追加

<!–{if $tpl_topicpath != “”}–>
<a href=”<!–{$smarty.const.SITE_URL}–>index.php”>TopPage</a>
<!–{$tpl_topicpath}–>
<!–{$arrProduct.name|escape}–>
<!–{/if}–>

これは、設置した場所であれば、指定以外(detail.phpやlist.php)でも可。
ただし、URLを静的化している場合でも、発行されるURLは動的(list.php?category=***の形)になる。


このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをLivedoor Clipに追加

タグ: , ,

コメントをどうぞ