‘EC CUBE – カスタマイズ – SEO’ カテゴリーのアーカイブ

EC CUBEでカテゴリーの最大階層を増やす

2009 年 4 月 21 日 火曜日

EC CUBEはデフォルトでカテゴリーの最大階層が5に指定されている。これを増やすにはパラメーター設定のLEVEL_MAXの数値を変更すれば良い。
カテゴリーを細分化したい場合、特にSEO対策などを念頭におく場合には数値の変更。

このエントリーを含むはてなブックマーク

EC CUBEにパンくずナビを設置する

2009 年 4 月 21 日 火曜日

ソースそのものを以下のサイトを参考

www.gnnk.net
web book movie
[EC-CUBE]パンくずリスト

バージョンが古いのか、上記サイトの指示に従ってソースを埋めても動作しなかったので、以下覚書。
なお、以下の行数はEC CUBE version 2.3.4

/data/class_extends/helper_extends/SC_Helper_DB_Ex.php
37行目に以下を追加

function sfGetTopicPath($category_id){
// 商品が属するカテゴリIDを縦に取得
$objQuery = new SC_Query();
$arrCatID = $this->sfGetParents($objQuery, “dtb_category”, “parent_category_id”, “category_id”, $category_id);
$TopicPath = ” > “;

// カテゴリー名称を取得する
foreach($arrCatID as $key => $val){
$sql = “SELECT category_name FROM dtb_category WHERE category_id = ?”;
$arrVal = array($val);
$CatName = $objQuery->getOne($sql,$arrVal);
if( $val != $category_id){
$TopicPath .= ‘<a href=”./list.php?category_id=’ .$val . ‘”>’ . $CatName . ‘</a> > ‘;
}else{
$TopicPath .= $CatName;
}
}

return $TopicPath;
}
function sfGetTopicPath2($category_id){
// 商品が属するカテゴリIDを縦に取得
$objQuery = new SC_Query();
$arrCatID = $this->sfGetParents($objQuery, “dtb_category”, “parent_category_id”, “category_id”, $category_id);
$TopicPath = ” > “;

// カテゴリー名称を取得する
foreach($arrCatID as $key => $val){
$sql = “SELECT category_name FROM dtb_category WHERE category_id = ?”;
$arrVal = array($val);
$CatName = $objQuery->getOne($sql,$arrVal);
$TopicPath .= ‘<a href=”./list.php?category_id=’ .$val . ‘”>’ . $CatName . ‘</a> > ‘;
}
return $TopicPath;
}

これは指定通りに、{}の中に埋め込む。

/data/class/pages/products/LC_Page_Products_List.php
107行目に以下を追加
$TopicPath = $objDb->sfGetTopicPath($arrCategory_id[0]);
$this->tpl_topicpath = $TopicPath;

こちらは107行目ではなく113行目

/data/class/pages/products/LC_Page_Products_Detail.php
211行目に以下を追加

$arrTopicPath = $objDb->sfGetTopicPath2($arrCategory_id[0]);
$this->tpl_topicpath = $arrTopicPath;

これは211行目ではなく231行目

/data/Smarty/templates/default/site_main.tpl
37行目に以下を追加

<!–{if $tpl_topicpath != “”}–>
<a href=”<!–{$smarty.const.SITE_URL}–>index.php”>TopPage</a>
<!–{$tpl_topicpath}–>
<!–{$arrProduct.name|escape}–>
<!–{/if}–>

これは、設置した場所であれば、指定以外(detail.phpやlist.php)でも可。
ただし、URLを静的化している場合でも、発行されるURLは動的(list.php?category=***の形)になる。

このエントリーを含むはてなブックマーク

EC CUBEのタイトルをトップページ・商品一覧ページ・商品詳細ページで分ける

2009 年 4 月 21 日 火曜日

EC CUBEはデフォルトではタイトルまわりが、SEO的にもユーザービリティ的も良くは感じない。

site_frame.tplを以下のように変更

<!–{assign var=index  value=”`$smarty.const.URL_DIR`index.php”}–>

<!–{if $smarty.server.PHP_SELF==$index}–>
<title><!–{$arrSiteInfo.shop_name}–></title>

<!–{elseif $tpl_title == “商品一覧ページ”}–>
<title><!–{$tpl_subtitle|escape}–> : <!–{$arrSiteInfo.shop_name}–></title>

<!–{else}–>

<title><!–{$tpl_title|escape}–> : <!–{$arrSiteInfo.shop_name}–></title>
<!–{/if}–>

商品一覧ページでは最上階のカテゴリを表示

このエントリーを含むはてなブックマーク

EC CUBEの商品詳細ページでタイトルなどに商品詳細を出力しない方法

2009 年 4 月 21 日 火曜日

EC CUBEの><!–{$tpl_title|escape}–>は商品詳細ページに 商品詳細 タイトル と出力するので、SEO対策にとっても、ユーザ-にとっても邪魔な存在。
そこでclass/pages/products/LC_Page_Products_Detail.phpの中の254行目を以下のように変更する。

$this->tpl_title = “商品詳細 “. $this->arrProduct["name"];

$this->tpl_title = $this->arrProduct["name"];

これで<!–{$tpl_title|escape}–>を用いても、商品詳細の文字は出力されなくなる。

このエントリーを含むはてなブックマーク

EC CUBEのタイトル改変:文字位置とタグ構成

2009 年 1 月 30 日 金曜日

siteframe.tplにある、siteframe.tpl

<!–{assign var=index  value=”`$smarty.const.URL_DIR`index.php”}–>
<!–{if $smarty.server.PHP_SELF==$index}–>
<title><!–{$arrSiteInfo.shop_name}–></title>
<!–{else}–>
<title><!–{$tpl_title|escape}–>:<!–{$arrSiteInfo.shop_name|escape}–></title>

このエントリーを含むはてなブックマーク

EC CUBEのタイトルを改変:デフォルト文字を変更する

2009 年 1 月 30 日 金曜日

<!–{assign var=index  value=”`$smarty.const.URL_DIR`index.php”}–>
<!–{if $smarty.server.PHP_SELF==$index}–>
<title><!–{$arrSiteInfo.shop_name}–></title>
<!–{else}–>
<title><!–{$tpl_title|escape}–>:<!–{$arrSiteInfo.shop_name}–></title>
<!–{/if}–>

このエントリーを含むはてなブックマーク

商品一覧ページをhtmlで静的生成:EC CUBEのSEO化

2009 年 1 月 3 日 土曜日

mod_rewrite(.htaccess)を用いて動的生成を静的化した上で以下の箇所を変更。

商品一覧ページ
◆対象URL:http://URL/products/list.php

<!–★商品名★–>

【変更前】
<h2><a href=”<!–{$smarty.const.DETAIL_P_HTML}–><!–{$arrProducts[cnt].product_id}–>”><!–{$arrProducts[cnt].name|escape}–></a></h2>

【変更後】
<h2><a href=”detail<!–{$arrProducts[cnt].product_id}–>.html”><!–{$arrProducts[cnt].name|escape}–></a></h2>

 

【注意】mod_rewrite(.htaccess)を用いていないと上記タグを変更しても意味がありません。

このエントリーを含むはてなブックマーク