‘サウンド・映像’ カテゴリーのアーカイブ

マイクとミキサー接続のあれこれ

2008 年 12 月 19 日 金曜日

LINEを入れるのは、ミキサーを通した場合

モノラル録音の場合はCH1
ステレオ録音の場合はCH2

ただし、DSR-PD170の場合、CH1,CH2はINPUTの部分ではなく、そのサイドから入力するCH1,CH2を指す。

MIC…マイクの時
MICATT…音が大きい場合に設定

48Vはコンデンサーマイクの場合に使用
コンデンサーマイクは音が小さい場合に使用。

ダイナミックマイクはレベルが大きい時に使用する事で歪が減少する。
インタビューは基本的にダイナミックマイク。

マイクには無指向性、単一指向性、双指向性、鋭指向性等があり、単一指向性の中には超単一指向性等もある。
AGK(アーカーゲー)のナレーションマイクが使われる事が多い。

ガンマイク・ピンマイクは単一指向性マイク。

なお、各種マイク設定はOFFの状態で、すべて接続してからONにする。

同期せずに、カメラとミキサーをINPUTする場合はXLR端子の+4デシベルのOUTPUTがあるミキサーでなくてはならない。
出力:XLR/TRSフォンを確認する。
XLR:+4db(プロ機に多い)、TSR:-10(0)db(民生機に多い)

DVDは24bit-48KHzが標準で
32bit-96KHz等で録音するとエラーやノイズが少ない
通常のCDは16bit-44.1KHz
最近は180KHzや360KHzのものもあるらしい。

レコダー ― ミキサー ― マイク
|――――――|
セットのものがHD-MTR(マルチトラックレコーダー)

ZOOMよりKORGを選んでおいた方が無難。
映像作品はグロスで○○○万円という事もある。

このエントリーを含むはてなブックマーク