2008 年 12 月 のアーカイブ

WordPressでXML宣言をする

2008 年 12 月 31 日 水曜日

特に不便ではないが、htmlをカッチリ作りたい人はxml宣言のないhtmlソースは気持ち悪いもの。
ところが、WordPressでヘッダーにxml宣言を行うとエラーを吐き出してしまう。

そこで、次のソースを導入すればカッチリ作る事ができる。

<?php
$ua = $_SERVER['HTTP_USER_AGENT'];

if (!(ereg("Windows",$ua) && ereg("MSIE",$ua)) || ereg("MSIE 7",$ua)) {
     echo '<?xml version="1.0" encoding="' . get_settings('blog_charset') .'"?>' . "\n";
}
?>
詳しくは以下URLから。

http://bd.dotted.jp/archives/84/

このエントリーを含むはてなブックマーク

WordPressに自動挿入されるpタグを除く

2008 年 12 月 31 日 水曜日

色々方法があるが個人的にはPluginを突っ込んでしまう方法が一番簡単だと思う。

Disable-wpautopというPluginを使えばpタグの自動挿入は除かれます。
ダウンロード:http://urbangiraffe.com/plugins/disable-wpautop/

詳細な説明は以下URL
http://www.techgaga.com/blog/2007/10/29/wordpress-plugin-disable-wpautop/

このエントリーを含むはてなブックマーク

WordPressで新しく作ったphpファイルを呼び出す

2008 年 12 月 31 日 水曜日

sidebar.phpやpage.phpはデフォルトであるが、新しく作ったphpを呼び出したい場合もある。

詳しくはWordPress Codexで記載されている。
http://wpdocs.sourceforge.jp/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%BF%E3%82%B0

ポイントは次の通り。
****.phpファイルを作りサーバーにアップし、パーミッションを変更。
呼び出したいphpファイルに<?php include (TEMPLATEPATH . ‘/****.php’); ?>と記載する。
****は好きな名前でOK。

このエントリーを含むはてなブックマーク

wordpressのインストールディレクトリとトップページのURLを変更する

2008 年 12 月 31 日 水曜日

詳細はhttp://wpdocs.sourceforge.jp/Giving_WordPress_Its_Own_Directoryに書いてある通りだが、まとめると以下のように設定する。

/domain/にindex.htmlを配置すれば http://addressname.net/ となる場合、
ログインページを http://addressname.net/ するならば
/domain/wordpress/にファイル群を展開

http://addressname.net/wordpress/wp-admin/ にアクセスし、インストールする。
wordpressに展開したindex.phpをコピーし/domain/に配置
設定→一般(設定)→ブログのアドレス (URL)を http://addressname.net/wordpress/ から
http://addressname.net/ に変更する。

これでOK。wordpress/wp-admin/

このエントリーを含むはてなブックマーク

WordPressのインストールURL

2008 年 12 月 31 日 水曜日

WordPressを設置したURLが http://addressname.net/ ならば
インストールのURLは http://addressname.net/wp-admin/install.php となる。

このエントリーを含むはてなブックマーク

WordPressをインストールする時の注意点

2008 年 12 月 31 日 水曜日

絶対にWindowsのメモ帳で編集してはいけない。
windowsのメモ帳で編集を行うとエラーを吐き出す可能性が非常に高くなる。

このエントリーを含むはてなブックマーク

Plesk上に登録してあるドメインを他社のサーバーで使用する方法

2008 年 12 月 31 日 水曜日

Pleskは個人的にはHDEやWebminなんかと並ぶ中級クラスのサーバー管理ツールだと思う。初心者に扱えるほど簡単ではないけど、Linuxのコマンドを知っとく必要はない、そんなツール。

PleskはLHXや使えるネットなんかでも採用されていて、わりと触った事もある人もいるかもしれない。
ところでLHX等のように、内部でドメインを設定しちゃっている場合で、ネームサーバーが再設定できないような場合、“やっぱり他社のサーバーで、このドメインを使いたいなぁ”という場合は、ちょいと困る。

でも、PleskのDNS設定を変更すれば、サクっと違うサーバーで独自ドメインを運用する事が可能だ。
(例えば、LHXサーバーで登録してあるドメインを移管せずにCORESERVER等で使う場合)

ホスト(ns.sample.com, mail.sample.comなど)に対してAとかMXとかのレコードが記載されていると思うが、このホストの部分を切り替える。

例: Aサーバー(IP:123.123.12.12)から他社サーバー(IP:789.789.89.89)に変更する。

この時、レコードタイプPTRとAが表示されているホストのIPアドレスを123.123.12.12から789.789.89.89に変更する。

これでOK。

このエントリーを含むはてなブックマーク

CORESERVERでMXレコード()が当サーバーに向けられていません。と言われた場合の対処方法

2008 年 12 月 31 日 水曜日

本日ハマった問題はCORESERVERで固定IP取得、SSL設定、https表示OK!…とサクサクいった矢先にブツかる問題。新しくメールを設定しようとしたら突然表示されるMXレコード問題。

◆問題
「ドメイン名」のIPアドレス「***.***.**.***」は当サーバーのIPアドレス「@@@.@@@.@@.@@」と一致しないか、MXレコード()が当サーバーに向けられていません。まずは、ネームサーバー設定を行ってください。 と表示され、新しいメールアドレスが追加できないという問題。

固定IPでない場合のDNS設定は通常、CORESERVERの方で半手動的に設定する。

例えばs1.coreserver.jpならば

a * 202.172.28.2
mx @ 10
txt @ v=spf1 ip4:202.172.28.2 ~all

ってな感じだ。

固定IPが123.123.12.12だとしたら

a * 123.123.12.12
mx @ 10
txt@ v=spf1 ip4:123.123.12.12 ~all

こんな感じで、https://独自ドメインで表示が可能だ。

ところが、これだと別ドメインであっても、メール設定を行うと「ドメイン名」のIPアドレス「***.***.**.***」は当サーバーのIPアドレス「@@@.@@@.@@.@@」と一致しないか、MXレコード()が当サーバーに向けられていません。まずは、ネームサーバー設定を行ってください。 と表示されてしまう。

もちろん、上記の状態でもメールはきちんと送受信する事は可能なんだが、毎回コレが表示されるのはイラっとくるもの。そこで、次のように書き換えてみた。

例:固定IP:123.123.12.12でドメイン名がsample.comをs1.coreserver.jp(※IP:202.172.28.2)で運用している場合。

a * 123.123.12.12 ←取得した固定IPアドレス
mx @ 10
txt @ v=spf1 ip4:123.123.12.12 ~all ←取得した固定IPアドレス
mx mx1.sample.com. 10
a mx1 202.172.28.2 ←CORESERVERのIPアドレス
mx mx2.sample.com. 20
a mx2 202.172.28.2 ←CORESERVERのIPアドレス

とまあ、こんな感じで問題を解決する事ができた。
なお、この方法は適当にやってみた経験則による方法なので、正しいかどうかは不明。。。
設定する場合は自己責任でお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク

アドワイアーズ – 行動ターゲティング広告、行動リターゲティング広告、コンテンツ連動広告

2008 年 12 月 31 日 水曜日

定期的に配信してくる営業メールの中で、少し気になったのでご紹介。
(SEM…Search Engineではないが、くくりとしては似たようなモノなので)

アドワイアーズ – 行動ターゲティング広告、行動リターゲティング広告、コンテンツ連動広告
http://www.adwires.com/

ターゲティングという広告は使ってはいるが、要はGoogle Adsenceの国産版。テキストサイズもそっくだし、まんまと言えば、まんまだ。

会社所在地は本社・福島県、支社・東京都、となっている。検索エンジンを持たずにブログやホームページだけのコンテンツ連動だけで上手くいくのが興味深いところだ。アメリカの広告配信系(いわゆるお小遣い稼ぎ系)は、適当なところで消えていく事が多いだけに、長期的に見る必要がありそう。

2ティアなんていう、お小遣い稼ぎ系にはよくあるサービスも備えているようだが、サービスが良ければ良い程、疑わしいのもこの世界。そして、広告主が質が良さそうに見えないが…

このエントリーを含むはてなブックマーク

WordPressでメニューバーに最近記事を表示する方法

2008 年 12 月 31 日 水曜日

wordpressはmovable typeと異なり、最近記事を表示する方法がデフォルトでは装備されていない。
というワケでググってみると、カスタマイズ方法が幾つか見つかるのでメモ書き。

1.WordPress本家のフォーラム
最新記事一覧にページを含めたい。
http://ja.forums.wordpress.org/topic/296

この投稿はWordPressのページを最新記事一覧にページを含めるにはどうすれば…という投稿だが、その参照ソースは参考になります。

<?php $posts = get_posts(‘numberposts=20&order=desc’); ?>
<?php foreach($posts as $post): ?>
<?php the_time(‘Y年n月j日’) ?><br />
<a href=”<?php the_permalink(); ?>” title=”<?php the_title(); ?>”>
<?php the_title(); ?></a><br />
<?php endforeach; ?>

表示結果
 YYYY年MM月DD日
 記事タイトル

記事タイトル(YYYY年MM月DD日)としたければ

<?php $posts = get_posts(‘numberposts=20&order=desc’); ?>
<?php foreach($posts as $post): ?>
<a href=”<?php the_permalink(); ?>” title=”<?php the_title(); ?>”>
<?php the_title(); ?></a>(<?php the_time(‘Y年n月j日’) ?>)<br />
<?php endforeach; ?>

上記のようにすればOK。

2.WordPress サイドバーに日付の付いた最新の記事欄の設置方法

http://www.a-cybernetics.com/blog/?p=12

<li><h2>Recent Entries</h2>
<ul>
<?php
$posts = get_posts(‘numberposts=5′);
foreach($posts as $post) {
setup_postdata($post);
?>
<li><a href=”<?php the_permalink(); ?>”><?php the_title(); ?></a>(<?php the_date(‘y/m/d’); ?>)</li>
<?php } ?>
</ul>
</li>

表示結果
 記事タイトル(YYYY/MM/DD)

ただ、この方法だと同日に2つ以上投稿すると
 記事タイトル(YYYY/MM/DD)
 記事タイトル()
 記事タイトル()

という風に()のみが表示されるので、少し気になるかもしれない。1日1投稿以内であればバッチリ。

なお、両方ともnumberposts=XXの数字を変更すれば一覧に表示される数が設定可能だ。

このエントリーを含むはてなブックマーク