Internet Explorer 6でCSSデザイン崩れが起きやすい原因


このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをLivedoor Clipに追加

今更の確認。

IE6はborderまで含めた幅をwidthとして解釈する事を前提に構築する必要がある。
標準準拠や後方互換という事によるモノ。

例えば…
width: 960px;
border: solid 1px #000000;

とした場合、IE7未満以外ではコンテンツ幅は960pxのままだが
IE6以下では958pxが実寸のコンテンツ幅となる。

IE6でデザイン崩壊を起こす(floatが下に回り込むなど)は、このパターンが多い。

参照
ADP: IE6のwidth解釈バグ対処法


このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをLivedoor Clipに追加

タグ: ,

コメントをどうぞ